専業主婦の私がお金に困るのは毎年4月・5月

我が家には6歳・3歳の2人の子供がいます。低年収ですが、私の希望で下の子がもう少し成長するまでは専業主婦で頑張っています。そのため毎月、自転車操業のような厳しい家計でやりくりをしています。

特に一年でお金に困るときが4月・5月です。それは、4月に持ち家の火災保険・機構団体信用生命保険の支払い、さらにこの数年のこの時期は友人の結婚式や子供たちの入学・入園、母の日などのイベントが一度に重なりました。2月に子供手当の支給があり、次の支給は6月で、少ない金額ですがボーナスの支給もない時期。一年間で一番収入がなく、支払いが多い時期なのです。毎月厳しい家計の中で、やりくりをしているので、貯蓄は微々たるもの。

数年前の5月にあまりにも支払いが出来ず貯蓄もない、どうすることも出来なくなり切羽詰まり窮地に陥ったことがありました。両親には日ごろからお世話になっているの極力頼りたくない、子供も小さく急きょ私が働くことが難しい、ではどうするか夫と相談して、初めてのキャッシングを利用することにしました。とりあえずは、6月に子供手当が支給されるので、お金を返せるのは1か月以内。夫が調べてみると、初めての利用の場合は30日間無利息という大手のキャッシング会社を見つけました。

キャッシングを利用するまでは、キャッシングに対してただただ不安で負のイメージしかありませんでしたが、無利息で返済も出来、窮地から脱することができたので、イメージが変わりました。返済の目途が確実にあり、返済できるのならば、こうしたお金に困った時は上手に利用させてもらったらいいと思いました。ちなみ、私たちはオリックス銀行のカードローン(※http://ginkonocardloan.com/)を利用しました。

そして、次に日々の生活の中で、家族が立て続けに体調を崩した時です。体調を崩すと病院代、病人が食べられる食材を購入するための食費がかかります。子供は乳幼児医療費助成制度があるため、一回の通院で500円ですみますが、私や夫は数千円の支払いが発生します。一番支払いが続き困ったことは、上の子が赤ちゃんの時に風邪で1週間入院した時です。

私は付き添い入院で疲労とストレスで体調を崩し、胃腸風邪。入院1グッズの購入や食費などもかかりました。この時は、両親が食費を立て替えてくれたり、少し経済的に助けてもらい乗り切りました。この経験から、家族が健康でいることがお金がかからないと気づいたので、体調管理には神経質なくらい気を配り、風邪の引き始めなど悪化しないように早めの対処を心がけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です